うつ病治療の一つ、TMS治療の効果や副作用、治療を受けられる条件について

うつ病(鬱病)治療の一つであるTMS治療の効果についてこちらで更に触れていきたいと思います。
うつ病治療でもTMS治療はアメリカでうつ病に悩む方300人以上の方々の臨床試験によって6割以上の方々に効果が認められた効果の高い治療方法です。

現在のアメリカでは既に500以上の病院やクリニックなど専用施設での資料が行われておりうつ病の再発予防にも効果が高いものだと言われています。
TMS治療に於いて考えられる副作用とは倦怠感や一過性の聴力低下、極稀に痙攣が見られますが3万回に1回程度だと言われています。
投薬治療を行った場合に見られる副作用では体重増加や喉の渇き、血圧の上下変化、性的機能不全など、他にも多くの副作用が既に確認されていますがこの投薬治療に比べるとTMS治療では副作用もかなり少ないものとなっています。
TMS治療では磁気を装着し電気を用いた刺激を治療に用いる為、妊娠中の方やペースメーカー使用の方、てんかんなどの持病をもって居られる方など状況によっては受けられないケースもあります。
先ずはTMS治療を行っているうつ病治療の専門医に問い合わせをしてみると良いでしょう。